日光エリアガイド

Language
JAPANESE
ENGLISH
CHINESE
TAIWANESE
KOREAN
  泊まる 買う・食べる 見る・遊ぶ 交通・その他

HOME > 湯西川・川俣

平家落人伝説と野趣あふれる湯の郷

平家落人伝説の残るところとして全国的に知られ、八百年のロマンを今に受け継ぐ山里です。温泉自体も落人の子孫が発見したと伝えられています。ここ栗山村には、湯西川温泉、川俣温泉、奥鬼怒温泉等が山間に点在し、情緒豊かで湯量豊富な秘湯が数多く有り、大自然と清流に囲まれた露天風呂、四季の彩りを楽しみながらの温泉巡りができます。落人の暮らしを再現した「平家の里」「平家狩人村」の他、平家にまつわる資料館も人気を集めており、鬼怒沼や瀬戸合峡、噴泉塔など自然が織りなす光景も目を見はるものがあります。また、地元で栽培したそばの実を自家製粉して打った「平家手打ちそば」も名物になっています。

鬼怒沼

標高2,039mに位置する、日本屈指の高層湿原。大小48の沼が点在し、6〜8月にはミズバショウ、ワタスゲ、キンコウカなどの高山植物が美を競い合い、ハイキングを楽しみながら花々の鑑賞が楽しめます。

平家の里

湯西川は、合戦に敗れた平家が追っ手を逃れて隠れ住んだとされる地。その平家落人の伝説、風習、生活様式を再現した施設で、武具や民具など貴重な文化を後世に伝えています。

蛇王の滝

県道23号線から鬼怒川を挟んだ対岸から流れ落ちる滝で、蛇に似ていることからこの名がついた。八汐ツツジに包まれる春や紅葉におおわれる秋は一段と美しい。

平家集落

湯西川沿いの散歩道に茅葺き屋根の家々ならぶ一角。太い梁、黒く高い天井が歴史を感じさせる。今でも商家を営む人々が暮らしながら、維持管理しています。

間欠泉

50〜60分に一度、鬼怒川にかかる噴泉橋の下にある岩の隙間から轟音とともに20〜30mもの温泉が吹き出す。大自然が引き起こすダイナミックな現象です。

平家落人大祭

湯西川を代表する大祭。毎年6月5〜7日に開催され、特に勇壮華麗なのが、この平家絵巻行列です。